香取市佐原について

千葉県にある「小江戸」の町並み

当店があるのは、千葉の小江戸と呼ばれる観光地でもある香取市佐原。「水郷の町」として知られる場所で、川が町の中を流れ、船がゆったりと行き交う。
「北総の小江戸」とも呼ばれかつて、利根川舟運の中継地として多くの物資や人が集まり、「お江戸見たけりゃ佐原へござれ 佐原本町江戸優り」と戯れ歌に歌われたほどに繁栄した。江戸時代当時、町の人々は日々の生活の中に江戸から来た文化を取り入れ、さらにそれを工夫改良し、独自の文化へと変えていった。今もその江戸の面影は町の随所に残り、特に小野川沿岸や香取街道には古い建物が多く点在している。

小野川沿いには江戸時代に建てられた伊能忠敬旧宅をはじめ、江戸の雰囲気を伝える蔵造りの古い商家、旧家が立ち並び、風情ある景観が広がる。

香取市はお米の生産額県内1位の米作りが盛んな地域で、昔から利根川のミネラル豊かな水が肥沃な大地がおいしいお米を育てます。