当店のこだわり– 最高の素材を最高の鮮度でお届け –

1.産地・食味を厳選、吟味する

お米は一年に一度しか取れません。
同じ産地といっても地区によって食味が違うこともあります。
当店では同じ産地でも良食味地区を厳選してお届けいたします。

2.厳選した玄米を一年を通して低音貯蔵(15℃以下、湿度70~80%)

お米は収穫後も呼吸して生きています。
お米の呼吸作用を抑え新米と同じおいしさ、鮮度を 保ち、害虫やカビの発生を抑えています。

3.精米(刮剥式・摩擦式精米)したお米を石抜小米取機、色彩選別機で選別除去

お米に混じった小石、金属などお米より比重の重いものを取り除き、精米後もう一度選別すると同時に小米や砕米を取り除きます。最後に光セン サーで変色した お米や異物を判断し、エアーガンではね飛ばしています。

お米の粒の大きさが揃うとムラなくふっくらとしたおいしいご飯に炊き上げることができます。

4.精米三日以内の商品を発送

“米は生鮮食品”です。
気温や湿度などにより、酸化の進み具合は異なりますが、お米は夏場1ヶ月、冬場2ヶ月で食味が落ちてきます。

当店では少しでも新鮮な状態でお客様のお手元にお届けする為、精米3日以内のお米以外は販売しておりません。
刮剥式・摩擦式精米によってまろやかなお米に仕上げます

お米が食卓に届くまで

毎年秋に刈り取ったお米を生産者・JA(農協)などの集荷業者から集め、一年を通して保管します。
玄米のまま低温貯蔵(15℃以下、湿度70~80%)することでお米の呼吸作用を抑え新米と同じおいしさ、鮮度を保ち、害虫やカビの発生を抑えます。

低温貯蔵した玄米を一台目の石抜機にかけ精米します。
次に白米を右の写真、二台目の石抜機にかけ、一緒に精米で破砕したお米・小米を取り除きます。それによってべちゃつきの少ない精選白米として仕上がります。
上部から出てきたお米を石抜き選別し、機械左側で小米を選別します。

※ちなみに玄米1トン当たりに含まれる石・ガラス等の異物の平均は400個前後あり、二度の選別により完璧に近いように仕上がります。

こちらは色彩選別機という機械です。
高性能光センサーでお米を観察するので、着色粒や異物を 見逃さず感知し、不良品をエアーガンではね飛ばします。