28年産 千葉県産のお米(香取市、多古町) 放射能モニタリング検査結果

28年産 千葉県産のお米、放射能検査結果(放射性物質検査) 千葉県産のお米の放射能検査の結果 千葉県による発表↓

千葉県は全国有数の早場米産地であり、安全性が確認されたお米を消費者の皆様に提供するため、米の放射性物質検査を実施してきました。 本日の検査をもって、平成28年産米の放射性物質検査が終了し、検査を実施したすべての検体で放射性セシウムは検出されませんでした。

(平成28年産米の検査は終了しました)
平成28年産米の放射性物質検査について(千葉県) 平成28年産米の放射性物質検査の実施スケジュール(PDF)

検査結果についてはこちらです。

香取市のお米は番号 3715 多古町のお米は番号 3709

平成28年産 千葉県産米の放射性物質検査結果(エクセルデータダウンロード)
香取市は8月19日(実施日8月16日)、多古町は8月12日(実施日8月8日)に放射性セシウム検出せずとの結果により販売ができることになりました。