赤子泣くとも窯とるな の意味

今は炊飯器が自動でやってくれるものが多いですがお米の炊飯時最後に「むらし」というものがあります。
これは「うまし」ともいい、ご飯の含水率を均一にさせることです。
ご飯粒は加熱終了後でも芯まで水分がいきわたっていません。
 
赤子泣くとも窯とるな」は窯内の温度を下げないためといわれています。