多古米 (たこまい) とは? 幻のお米 多古米コシヒカリの美味しさの秘密

多古米(たこまい)とは?|美味しさの秘密と歴史他社との違いお客様の声特選多古米って?29年産新米は?

多古米(たこまい)とは?

(2017.10.23 更新)

多古米(たこまい)とは、千葉県香取郡多古町で生産されたお米、
千葉県多古産こしひかりのブランド名です。
この多古米は千葉県産の生産量のおよそ2%。多くは親戚など縁故米として消費され千葉県内でも流通することが少ないため「幻のお米」と呼ばれています。
その昔、香取郡多古町は湖や沼地が多く、多い湖『多湖』と呼ばれていました。
その多古町で収穫された多くの有機質を多く含んだお米はとても粘りがあって美味しく
その中でもコシヒカリは『多古米(たこまい)』というブランドで称されとても人気があります。
当店の多古米の特徴はこだわりを持ったお米マイスタ―が厳選したもので特に甘みが強くさめてもおいしいお米です。

美味しさの秘密と歴史

多古米コシヒカリのおにぎり江戸時代には徳川幕府献上、昭和38年には天皇陛下献上米に選ばれ、さらに昭和46年「全国自主流通米品評会」において食味日本一に選ばれました。

また近年では平成2年に日本の米作り百選、平成26年度では皇室献上米に選定されました。
この多古米が作られる土壌はミネラル分が多い粘土質で、米作りには適地です。
多古町の農業に対する熱意と、栗山川にはぐくまれた豊かな大地が融合して生み出されたのが多古米です。
多古米は「おかずのいらないお米」と評されていて、寿司米としても人気が高く「シャリなら多古米」とこだわるお寿司屋さんもたくさんいます。
当店では、旧佐原市の時より40年以上販売しています。

他社の多古米(たこまい)との違いって?ヨロズヤ米穀店のこだわり

新米が取れる一ヶ月間、お米マイスターが直接産地へ出向き美味しい多古米を見極めています。
ヨロズヤ米穀店お米マイスターが直接産地へ一カ月間出向き仕入れております。
産地集荷業者とは永年お付きいさせていただき、
集めた中でも『特においしい多古米だけ』を別にとっておいていただいているのでおいしい多古米がご提供できるのです。
多古米の作業多古米のとれる田んぼ風景
年間を通じた生産者別に全量低温倉庫保管

玄米はそのまま保管していたのでは徐々に劣化してしまいます。ヨロズヤ米穀店では精米所・倉庫2か所で新米入荷から全ての原料玄米を生産者を分けて低温保管することによりお米の劣化を防いでいます。

年間大量取引によりお求めやすい値段でおいしい多古米をご提供できます。
地場産の千葉県多古町産コシヒカリを主に販売しております。
多古米だけで40年以上の実店舗による安定した販売実績があり、食べておいしい・冷めてもまたおいしい食味が良いお米です!
新鮮精米、精米技術です。お届けする直前に丁寧に精米しています。
お米マイスター・ごはんソムリエの資格を持つ5代目が食味を損なわないよう
最大限にお米の美味しさを引き出す丁寧な精米をしています。せっかくのおいしい多古米ですので、
気温、湿度、お米の水分、お米の香り、みずら(見た目)、新米・古米、保管状態、生産者の状況などを見ながら調整し、
お米マイスターが極良食味の多古米に仕上げるのです。

ヨロズヤさんの多古米って美味しいの?お客様の声紹介

当店の多古米(たこまい)はお買い求めしやすい価格で美味しいとリピーターとなる方がたくさんいらっしゃいます。
その中から一部お客様から頂いた声を掲載いたします。
毎日のごはんが楽しみ  投稿者:ひよこあき おすすめレベル★★★★★

新年から 毎日とっても おいしいご飯を食べています。
精米したての お米はまた おいしいよってきいたので 今回は 玄米を購入しました。
炊きたてはもちろん 毎日お弁当を持っていくのですが、冷めてもおいしいです!

お弁当のも最適 投稿者:なお おすすめレベル:★★★★★

炊きたてのご飯がぷっくりツヤツヤなのはもちろん、お弁当に入れて時間が経って冷えてもふっくらと美味しいのには感動しました。

週に何度かお弁当を持って会社に行くのですが、お昼が今まで以上に楽しみになりました。

おススメです 投稿者:投稿者:ともママ おすすめレベル:★★★★★

つやつやでふんわり。
甘みのある味でご飯が進みます。
おにぎりにすると冷めてからでも美味しくいただけます。

もちもちしっかり! 投稿者:shimasatoshi おすすめレベル:★★★★★

お米一粒一粒がしっかりしていますが、硬い感じではなくふっくらもちもちです!そのままはもちろんですが、お寿司にもぴったりだと思います。

とても美味しいです 投稿者:AT おすすめレベル:★★★★★

いつも、こちらで購入しています。
とても甘みがあって美味しいお米なので、食べすぎることが多く、あっという間になくなってしまいます。

絶対に多古米です! 投稿者:パワフルのり おすすめレベル:★★★★★

もう数年、この「多古米」を食べ続けてきました。
しかし、日本を離れていましたので、多古米を食べる事が出来ずに残念に思っていました。
もちろん帰国したら、すぐに注文しました。
この粘り気、冷めても美味しい。新潟の有名な米に負けていません。

大好きなお米です! 投稿者:Y おすすめレベル:★★★★★

みなさんのコメントのように炊いてる時の香りが
普段食べている物とは、まったく別物でした。
期待が膨らむ中、炊き上がって釜を開けた瞬間
嫁が開口一番「これ違う!すごいね!」と興奮していました。

早速家族みんなで食べました。
3歳の息子は状況を分かっていなかったのですが
食べた瞬間に「ん!うまい!」と言っていました。

私も食べてみて「・・・こんなに違う物か・・・うまいなぁ」と
正直に思いました。
普段は家族で2合しか食べないのに3合が一瞬でなくなりました。
家族みんなおいしく頂きました。

試食も含めての感想ですが・・・  投稿者:飯田 おすすめレベル:★★★★★

試食も含めて感想ですが、まず炊いている最中から驚きました。
ほんのりと甘いお米の香りが漂い、すでにその時点で「これはウマイぞ~」と感じる雰囲気。
さらに炊き上がった後は、釜を開けた瞬間、みんなで「おーっ!」と思わず歓声が上がったほど。

ホントに1粒1粒のお米が大きくて、それなのに崩れたりすることもなく、形がとてもきれい。
今まで食べたお米と全然違いました。

食感はふっくらとして、モチモチしながらも、ほどよい粘りで、けっしてしつこくない。
硬すぎず、柔らかすぎずの絶妙な口当たりでした。

甘さはあるけど、お米本来の甘みという感じで、クセがないので、
お米だけでもどんどん食べてしまったくらいおいしかったです。

正直、お米が違うだけで、こんなに変わるものだとは思いもしませんでした。

特選 多古米(たこまい)って?

お米はお米の見た目・みずらによって等級が決まります。農産物検査員によって1等米・2等米・3等米・規格外と判別されますが等級検査は味には関係ありません。

ただ等級が低いと未熟な粒が入っていたり、割れていたり、味が落ちることも多いため当店の多古米は検査1等米を使用しております。

その検査1等米の中でも試食による食味感応検査・機械による成分分析検査を経て特に良いとされた(特A)10%に満たないお米が特選多古米として選ばれております。

このさらに食味を厳選した特選多古米は普通のコシヒカリの中でも特に低たんぱくで、タンパク値が低いと粘りが増すとされています。こちらはひも付きのクラフト袋となります。是非一度ご賞味ください。

特選 多古米(たこまい)が美味しい理由

多古町船越 木川三代治さんの多古米 検査1等米(等級検査日29.09.14)2017.09.22~ 販売開始

生産者 木川三代治さんはとても多くの大きな田んぼを持っているため、田んぼによってお米の収穫・乾燥・調整・検査日が違います。

今回の特選多古米は等級検査日29.09.14に農産物検査された検査1等米のみを原料玄米とし、湿度・温度を確認しながら時間をかけて精米しております。

例えば特選多古米として選ばれた木川三代治さんのお米(等級検査日29.09.14)の前日、29.09.13の農産物検査(等級検査)のお米でも農産物検査は検査1等米になりました。

しかし同じ生産者でも田んぼが違うため若干お米の味や質、成分値が異なる為お米は違うものとなります。検査日・生産者・食味値・精米方法までこだわりにこだわったお米が当店の特選多古米の美味しい理由です。

多古米
29年産新米 多古米(たこまい) 千葉県多古産コシヒカリ 即日発送可能

2kg/白米(ラミパック) ¥1020- (税込)
2kg/白米(和紙袋) ¥1050- (税込)
2kg/白米(チャック付クリアパック) ¥1050- (税込)
5kg/白米(ラミパック) ¥2400- (税込) 宅配専用箱入り(+50円)
5kg/白米(和紙袋) ¥2450- (税込) 宅配専用箱入り(+50円)
10kg/白米(ラミパック) ¥4750- (税込) 宅配専用箱入り(+100円)
10kg/白米(和紙袋) ¥4800- (税込) 宅配専用箱入り(+100円)
30kg(10kg×3)/白米(ポリ袋) ¥13800- (税込) 宅配専用箱入り(+150円)
30kg/白米(米袋) ¥13800- (税込) 宅配専用箱入り(+150円)

特選多古米
29年産新米 特選多古米(とくせんたこまい) 千葉県多古産コシヒカリ 2~3営業日で発送可能

2kg/白米(ひも付き袋) ¥1180- (税込)
3kg/白米(ひも付き袋) ¥1710- (税込)
5kg/白米(ひも付き袋) ¥2700- (税込) 宅配専用箱入り(+50円)
10kg/白米(ひも付き袋) ¥5300- (税込) 宅配専用箱入り(+100円)

29年産新米販売時期はいつ??

29年産多古米コシヒカリの新米は8月下旬から9月上旬に収穫され出荷、販売は早くても9月に入ってからになりそうです。

(2017.09.22)大変お待たせいたしました。本日より特選多古米(低たんぱく米)を販売開始いたします。

(2017.09.16)29年産新米 特選多古米は9月20日~23日を予定しております。今しばらくお待ちください。

(2017.09.07)29年産新米 多古米コシヒカリ本日より販売開始です。特選多古米は9月中旬以降販売予定です

(2017.09.01)新米の多古米販売は9月7日に変更となりました。

(2017.08.31)29年産新米 多古米コシヒカリ入荷し始めました。ただ新米価格が高騰しており入荷がかなり少ない状況です。販売までもうしばらくお待ちください。

(2017.08.24)ただいま早生品種「ふさおとめ、ふさこがね」収穫の最盛期です。多古米ではないですが隣町の芝山町産コシヒカリは本日出てきました。多古産コシヒカリ(多古米)は早くて26日か28日になりますとのことです。

(2017.08.18)多古米の新米についてですが、今現在収穫している新米は『ふさおとめ、ふさこがね』という品種で一般に言う多古米(コシヒカリ)はまだまだ田んぼにあり、今現在は登熟期(とうじゅくき)というもみの中でお米が成長していく時期になります。

今年のお米は7月の猛暑で成長が早く8月の早い段階で稲刈りだろうと皆思っておりましたが、急な冷夏となり日照不足でお米の成長が進まないことになってしまいました。

昨日より多古町でお米の集荷をしておりますが、農家さんの話ではコシヒカリは「早くて来週末前(26日あたり)になりそうだ」とのことです。

(2017.08.07)当店で扱う産地ではないのですが房総で29年産新米、千葉県産ふさこがね収穫の便りが届きました。当店のふさこがねはお盆過ぎ予定20日前後の予定です。

(2017.01.19)本日入荷の特選多古米(低たんぱく米)より生産者は木川三代治さんとなります。こちらもとても高い食味値のお米です。是非一度ご賞味ください。

(2017.01.18)特選多古米(幸島正明さん、木川広昭さんのお米)は終了となります。

(2016.10.01)大変お待たせいたしました。本日より特選多古米(低たんぱく米)を販売開始いたします。

(2016.09.10)28年産新米価格改定しました。今年はとても良い食味のお米ばかりです。当店の多古米コシヒカリをよろしくお願いします。

(2016.08.29)新米価格高騰により9月中旬までの暫定価格となりますが、精白米・玄米を販売開始いたします。また、ただいま繁盛期につきお届けまでお時間を頂いております。

(2016.08.26)28年産新米 多古米コシヒカリ入荷しました。ただ新米価格が高騰しており入荷がかなり少ない状況です。販売までもうしばらくお待ちください。

(2016.08.22)ただいま台風の影響により稲刈りが遅くなっております。今現在は早生品種ふさおとめ、ふさこがねの新米でそのあとにコシヒカリ、ひとめぼれなどです。

ページ上部へ